top of page

堀尾貞治 Sadaharu Horio (1939 - 2018)

現代美術家

1957年芦屋市展初出品作が入賞し、具体のリーダー吉原治良の目に留まる。1965年第15回具体美術展に出品。翌年会員となり1972年の解散まで在籍。1985年頃からは「あたりまえのこと」という一貫したテーマのもと、年間100回以上の展示・パフォーマンスを開催。堀尾にとって制作とは、生きるために不可欠な空気のような存在としてあった

 

1939

 神戸市に生まれる
 

1957

 第10回芦屋市展 / 精道小学校講堂、芦屋(以後20007年の第59回展まで連続出品)
 

1963

 兵庫県展 知事賞受賞
 

1964

 京都アンデパンダン展 / 京都市美術館(以後1991年まで連続出品)
 

1966

 具体美術協会会員となり1972年解散まで在籍
 

1968

 個展 / グタイピナコテカ、大阪
 

1975

 パリに遊学
 

1981

 アート・ナウ '70~'80 / 兵庫県立近代美術館、神戸
  空間 - 知覚の拡がり展 '81 / 京都市美術館

 

1982

 明日の美術館に向かって- 美術劇場 / 兵庫県立近代美術館、神戸
 

1985

 個展 / アートスペース虹、京都 (以降2017年閉廊まで毎年年明けに開催)
  個展「あたりまえのこと」 / ギャラリークオーレ、大阪

 

1986

 日本・ハワイ現代美術交流展 / ABCギャラリー、大阪
 

1987

 個展「今日の作家シリーズ 20 堀尾貞治展:DAY BY DAY」 / 大阪府立現代美術センター
 

1988

 物+物展 / ギャラリーP&P、韓国・ソウル
 

1989

 墨の世界 / 西武ホール、大津
 

1990

 兵庫の抽象3人展(田中徳喜、吉見敏治、堀尾貞治)/ アートホール神戸
 

1992

 具体美術協会の作家たち / 宮城県美術館
 

1993

 第1回六甲アイランド Water Front Open Air Play / 六甲アイランドマリンパーク、神戸
 

1994

 丹南アートフェスティバル(オープニングパフォーマンス 「音のたし算」)/ 武生市中央公園
 心の時代 彫刻と造形 / 高柳の里、豊岡

 

1995

 個展「震災風景展」 / 神戸、武生、福井
 

2000

 個展「神出鬼没★堀尾アート I期&II期」 / 枚方市立御殿山美術センター 
 

2001

 個展「あたりまえのこと 白紙に戻す」 / ナノリウム、山梨県富士吉田市
 

2002

 個展「堀尾貞治展 あたりまえのこと」/ 芦屋市立美術博物館(38日間の会期中毎日パフォーマンス)
 未来予想図 私の人生劇場/兵庫県立美術館

 

2003

 空気美術館 in 兵庫運河(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)/兵庫運河、神戸
 

2004

 「まち」がミュージアム '2004 / 山梨県富士吉田市
 

2005

 横浜トリエンナーレ 2005(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)/ 山下ふ頭、横浜:連続82日のパフォーマンス
 

2006

 マイ・ルール展 / ボーダレス・アートギャラリーNO-MA、近江八幡
 

2007

 呼応する精神 / カールトン大学、 カナダ・オタワ
 

2009

 イン=フィニタム / フォルチュニー美術館、イタリア・ヴェネツィア
 

2010

 第18回国際丹南アートフェスティバル/越前市民ホール2011 Frankfurter Positionen : Atarimae-no-koto (堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)/ Frankfurt LAB、ドイツ・フランクフルト
 個展「Sadaharu Horio - Atarimae-no-koto」/ Axel Vervoord Gallery, ベルギー・アントワープ

 

2012

 エクスプロージョン(爆発) - アクションとしての絵画 / ストックホルム近代美術館、スウェーデン
 

2013

 Gutai: Splendid Playground(オープニングパフォーマンス) / グッゲンハイム美術館、米国・ニューヨーク
 タピエス 美術家の視点 / フォルチュニー美術館、イタリア・ヴェネツィア

 

2014

 個展「堀尾貞治 あたりまえのこと<今>」/ BBプラザ美術館、神戸
 Printemps Japonais(日本の春)(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」) / フランス・リール
 個展「Atarimae-no-koto」 / チェリーガーデン、スウェーデン・ゴットランド島

 

2015

 アートフェア「Art Brussels」(Axel Vervoordt Galleryからの招へい) / Brussels Expo、ベルギー・ブリュッセル
 個展「Sadaharu Horio」 /Axel Vervoordt Gallery Hong Kong、香港
 ThinkTank lab Triennale : Two Sticks / ヴロツワフ建築美術館、ポーランド・ヴロツワフ

 

2016

 アートフェア「2016 BAMA」 / 韓国・釜山
 Process, Performance, Presence / ブラウンシュヴァイク・アートセンター、ドイツ・ブラウンシュヴァイク
 A Feverish Era in Japanese Art(オープニングパフォーマンス)/ BOZAR ブリュッセル美術センター、ベルギー・ブリュッセル
  奈良・喜多ギャラリーにて千点以上の絵画を制作(2月〜11月)

 

2017

 アートフェア「The Armony show 2017」(Axel Vervoordt Galleryからの招へい) / Piers 90 & 92, New York
 個展「堀尾貞治 あたりまえのこと」/岡山 吉備高原アートハウス
 東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」(堀尾貞治+現場芸術集団「空気」)/京都芸術センター・二条城
 芦屋神社芸術祭」: 劉長煒「陶+(トータス) XXXV」 堀尾貞治「あたりまえのこと」/芦屋神社 

 

2018

 個展「Sadaharu Horio」 / Axel Vervoordt Gallery, ベルギー・アントワープ
 個展「Sadaharu Horio」 / Axel Vervoordt Gallery, 香港
 カタストロフと美術のちから展/森美術館 東京
 11月 死去

2019

 「ALIVE_生き続ける芸術」 / Gallery NAO MASAKI, 愛知

 アートアイランズTOKYO2019 国際現代美術展 / 大島、新島、式根島

2020

 ALIVE_生きる様相、生まれくる表現 / Gallery NAO MASAKI, 愛知

 芦屋の時間 大コレクション展 / 芦屋市立美術博物館, 兵庫

2022

​ アートフェア「Art Fair Tokyo 2022」/ 東京

 「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」 / 森美術館, 東京

 ALIVE4_堀尾貞治について, Gallery NAO MASAKI, 愛知

2023

 「ALIVE4_堀尾貞治について」 / Gallery NAO MASAKI, 愛知

 アートフェア「Art Fair Tokyo 2023」 / 東京

 ALIVE5 貞治堀尾_廃材から生まれた千点の絵画 / Gallery NAO MASAKI, 愛知

 「あたりまえのこと 千点絵画」/BBプラザ美術館, 神戸

 「堀尾貞治_廃材から生まれた千点の絵画」/ VAGUE KOBE,神戸

 

書籍

カタログレゾネ「千GO千点物語」

bottom of page