461-0004 愛知県名古屋市東区葵2-3-4

2-3-4 Aoi, Higashi-ku, Nagoya, Aichi 461-0004 Japan

 

Tel : 052 932 2090  Fax : 052 932 2091 

© 2018 by NAO MASAKI and Associates

青花の会 工芸祭 2020

「編む」

内田鋼一 Kouichi Uchida / 長谷川清吉 Kiyokichi Hasegawa / 西田信子 Nobuko Nishida

2020.2.14 ~ 2.16

編むことは、人が道具を作り出した旧石器時代の頃から、そして相も変わらず脈々と、古今東西に伝わる 技術であり行為である。最初は草花を摘み、そして撚り、重ね合わせたり、組み合わせたりという単純な 作業から始まったのであろう。細いものが組み重なった時に生まれる強さや自由さは、様々な道具として、 あるいは意匠としてカタチを帯びていった。個人的な記憶を辿れば、まだ少女だった頃、前の席に座る 友人の豊かな長い髪を柔らかく束ねた三つ編みのうねりに、いつまでも魅入っていたことを思い出す。道具 である以前に、人はなぜ編むこと、あるいは編むことで生まれるカタチに焦がれるのだろう。それはもしか したら人の原初的な行為を意味するからなのかもしれない。今回は「編む」ということに惹かれ生まれた カタチを綴る作家たちを紹介したいと考えている。

 

Gallery NAO MASAKI 正木なお

【内田鋼一 Kouichi Uchida (1969-) 陶 Ceramic 】

1969 愛知県名古屋市に生まれる 1990 愛知県瀬戸窯業高校陶芸専攻科修了 1992 三重県四日市市に移り独立 1993より個展を中心に活動 

 

【主な展覧会】

1999「東海の陶芸」展(名古屋国際会議場・愛知)2000「うつわをみる―暮らしに息づく工芸―」展(東京国立近代美術館工芸館)2003 「UCHIDA KOUICHI」展(パラミタミュージアム・三重) 2004「静謐なかたち 内田鋼一Uchida Kouichi works2003-2004」展(4th MUSEUM RIVER RETREAT 雅楽倶・富山)2006「陶芸の現在、そして未来へ Ceramic NOW+」展(兵庫陶芸美術館)“SOFA”(ニューヨーク)JAPANESE CRAFTS(ギャラリーベッソン・イギリス・ロンドン)2008「新進陶芸家による『東海現代陶芸の今』」展(愛知県陶磁資料館)“melbourne Art Fair”(オーストラリア・メルボルン)「aim(art in mino)’08・土から生える」展(多治見市、土岐市、瑞浪市、岐阜)2010「第3回智美術館大賞展 現代の茶―造形の自由」展(菊池寛実記念 智美術館・東京)「茶事をめぐって―現代工芸への視点」展(東京国立近代美術館工芸館)2011「『MADE IN JAPAN』内田鋼一collection」展(museum as it is・千葉)「内田鋼一 茶の空間」展(樂翠亭美術館・富山)「井上有一・内田鋼一」展(箱根菜の花展示室・神奈川)2012 越後妻有アートトリエンナーレ(十日町・新潟)「交差する支店とかたち」展(札幌芸術の森美術館/北海道立釧路芸術館)“SOFA”(シカゴ)2013「内田鋼一展-うちわからの風景」(paramita museum・三重)2015「工藝を我らに」(資生堂アートハウス・静岡)「樂翠亭美術館開館5周年記念展 内田鋼一 - 手と眼 - 」(樂翠亭美術館・富山)「BANKO archive design museum」(三重県四日市市)を開館 2017年「形の素 赤木明登 内田鋼一 長谷川竹次郎」(樂翠亭美術館)  他多数

 

Gallery NAO MASAKI( 旧gallery feel art zero ) にて

〈個展〉2008「born; 生まれくるかたち」, 2011「像 HITOGATA」, 2013「内田鋼一 x 小田康平 サボテン 器 宇宙」, 2015「うつわのある空間」,2017「シンプルなかたち」開催〈企画展〉2015「something new, with feel art 10」

【中西洋人Hiroto Nakanishi  (1984-)木彫 Woodcarving 】

愛知県名古屋市生まれ、滋賀県北部在住。木工を学び、家具制作を始める。2008 年に工房開設、素材をみつめ制作を続ける。2011 秋、滋賀県へ移住。2010より個展を中心に活動

Gallery NAO MASAKI(旧gallery feel art zero )にて

<個展>2014「その姿」, 2015「象る」, 2017「現す arawasu」<企画展>2012「貌 KATACHI」, 2013「something new,with feel art 10」