真月洋子 Yoko Mazuki (1963 - )

 

1963年、愛知県生まれ。

生家である古い日本家屋の中でのセルフポートレート、人の身体が生来持っている「インナープランツ」など、皮膚の触覚がとらえている時間や気配、臭いを写真によって表現し、各地のギャラリーやアートスペースで発表。また、2002年のドイツ・デュッセルドルフ滞在時から映像作品の制作も開始。翌2003年名古屋市美術館での映像インスタレーションの発表を皮切りに、音楽、パフォーマンス、演劇の映像演出へも活動の幅を広げている。

 

<個展>

1983 「牡丹」七ツ寺共同スタジオ、名古屋

1985 「自写鏡遊戯」Space de Aupa、名古屋

1989 「空華」 Space de Aupa、名古屋

1997 「水影」PAST RAYS PHOTO GALLERY、横浜

1997 「水影」 The Third Gallery Aya、大阪

1998 「a priori」PAST RAYS PHOTO GALLERY、横浜

2000 「Plants」Gallery Past Rays、横浜

2000 「a priori」Gallery NAF、名古屋

2001 「Innocent Insects」Gallery MOCA、名古屋

2002 「Innocence」Atelier am Eck、デュッセルドルフ

2004 「a-sexual 」ギャラリー悠玄、東京

2005 「I will be there」Gallery Kai、大阪

2009 「a priori」Photo&Art Gallery プシュケ、名古屋

2010 「Stopping by waterside 〜渚にて」florist_gallery N、名古屋

2010 「Stopping by waterside 〜渚にて」Gallery Kai、大阪

2010 「Stopping by watersid」Photo&Art Gallery プシュケ、名古屋

2012 「floating sign」Photo&Art Gallery プシュケ、名古屋

2013 「a priori innerplants」ギャラリー 蒼穹舍、東京

<グループ展>

2000 「CHRONO-GRAPH」京都芸術センター、京都

2001 「表現の多様性」名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋

2001 「大阪トリエンナーレ2001」CASO、大阪

2002 「KUNSTPUNKTE 2002 Gastatelier Salzmannbau」デュッセルドルフ

2002 「Kunst in Munchengladbach」ミュンヘングラッドバッハ

2002 「a prior」アートライフ・みつはし、京都

2003 「 現代美術のポジション 2003」名古屋市美術館、名古屋

2004 「写と土」工房 IKUKO、倉敷

2004 「Interncontinental Galerie OMC」デュッセルドルフ

2005 「 写と画と土」リウボウホール、那覇

2008 「International Contemporary Photography “Portfolio” OMC Gallery」カリフォルニア

2008 「TAKE A CHANCE OMC Gallery」カリフォルニア

2008 「大垣ビエンナーレ2008」大垣

2009  ファン・デ・ナゴヤ 美術展 2009「Finder」名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋

2010 「豊田美術展 2010、豊田市美術館、豊田

2010 「CODE PosterDesign Winners Exhibition」ユネスコ クリエイティブ デザインシティ各都市を巡回

2011 「CODE PosterDesign Winners Exhibition」Tokyo Midtown Design Hub、東京

2011  原智彦「現場の力」名古屋市演劇練習室アクテノン、名古屋

2013 「扉のある地下風景」CAI 02、札幌

2016   vol.88「花 - hana -」Gallery NAO MASAKI

<受賞>

2001 デュッセルドルフ・関西ドイツ文化センター特別賞 受賞