461-0004 愛知県名古屋市東区葵2-3-4

2-3-4 Aoi, Higashi-ku, Nagoya, Aichi 461-0004 Japan

 

Tel : 052 932 2090  Fax : 052 932 2091 

© 2018 by NAO MASAKI and Associates
  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

vol.76

植松永次 Eiji Uematsu

土から

2014.11.15-11.30

空間に広がる土の色、気配、匂い。

植松さんの作品を配すると、その場の空気はゆるやかに変わる。

手に触れる前にもうそこに温度をすら感じさせる、その存在感は一体なにか。

 

土の片鱗が曇りなく、器や造形物にいたるまで、一貫してカタチとして現れている、技術をとうに超えたところにある、

正直で豊かな発見がある植松さんのしごと。

 

植松さんは「日々の中にこそ、大切なモノがある。」という。

 

わたしたちは土の上に生かされ、土の恵みを受けている。

そういう当たり前の中に見つける神秘なまでの素朴さを、優しく掘り起こし、そっと置く姿勢に心が洗われるような気がした。

慌ただしい日々の中に、眼にも掌にも、変わらずぬくもり続ける土の姿を感じてほしい。

正木なお

植松永次 Eiji Uematsu

1949年 神戸に生まれる。

1972年 平面での仕事から自然の材質に引かれ土に解れる。そして土の材質を確かめる事が土での仕事の始まりとなる。

1975年 東京より信楽に入り、工場勤務の傍ら土を感じ自らの制作を続ける。

1981年 グループ展で発表。

1982年 伊賀市丸柱に住居と仕事場を移し土と火の根跡が形となって来る。

1986年 初個展以後全国で個展、グループ展に参加そして生活の中で器も生まれる。

Eiji Uematsu

1949: Born in Kobe city.

1972: After devoting himself to painting and engraving, Uematsu was fascinated by natural materials and decided on using clay as his medium. His career as a potter all started by carefully selecting the quality of clay.

1975: Moved to Shigaraki in Shiga Prefecture from Tokyo, he continued to create his own works in addition to working at a factory.

1981: Promoted his works at a group exhibition.

1982: Relocated and established his atelier in Marubashira, Iga city. The results of his efforts and experience from working with clay and fire became tangible.

1986: Since holding his first solo exhibition, he has continued to hold several solo and group exhibitions. Practical but unique bowls and vessels have also been created as a result of his everyday insights.