461-0004 愛知県名古屋市東区葵2-3-4

2-3-4 Aoi, Higashi-ku, Nagoya, Aichi 461-0004 Japan

 

Tel : 052 932 2090  Fax : 052 932 2091 

© 2018 by NAO MASAKI and Associates
  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

vol.70

in ; the glass

大室桃生 Momoo Omuro 奥野美果 Mica Okuno 辻和美 Kazumi Tsuji 加藤尚子 Naoko Kato

2014.6.14-6.29

人は、いつもガラスの素材のもつ独特な涼やかさと透明感の気配をてがかりになにかをイメージしてきた。

 

ガラスの中に潜むなにか、ガラスの中に入るなにか、あるいはガラスそのもののもつなにか、4 人のガラスにまつわる女性アーティストたちの通常は器、造形、現代美術表現と様々。

 

同じ素材でありながら、また同じ素材に惹かれたからこそ、各々の日々の世界が色濃く映し出される。

作り手のあそびとみる人の視点の狭間にあるイメージ。

それぞれの [ in ] をみつけてみてください。

正木なお

 

奥野 美香 MIKA OKUNO

1987年      多摩美術大学立体デザイン科ガラス専攻卒業

1987 - 90年  株式会社クシュカ デザイナー

1991 - 94年  オランダ留学, オランダ政府奨学金給付を受ける

      リートフェルト・アカデミー ガラス科卒業(アムステルダム)

1996年~  青山学院高等部芸術科非常勤講師(東京)

1997- 2002年  彩グラススタジオ キャスト講座講師(川崎)

1998 - 2005年  多摩美術大学美術学部工芸学科非常勤講師(東京)

2001年      デモンストレーション(G.A.S.カンファレンス、コーニングNY)

2005年  第2回現代ガラス大賞展富山2005優秀賞受賞 (富山)

2007年  国際ガラス展金沢2007審査員賞受賞(石川)  

2011年  レクチャー(プラハ美術工芸大学、チェコ) 

2012年  ワークショップ講師 (市民のアトリエ、横浜美術館) 

      その他、講師など多数。

[作品所蔵]    

The National Glass Museum (オランダ)、Design Museum Gent (ベルギー) Glasmueum Alter Hof Herding (ドイツ)、東京ミッドタウン(東京)、他 多数

加藤 尚子 NAOKO KATO

神奈川県横浜生まれ。鋳造ガラス造形作家。

1996年,女子美術大学芸術学部工芸学科ガラスコース卒業。同学科、非常勤講師。

豊かなイマジネーションより生まれる独自の造形作品は幅広い支持を得る。

関東を中心に個展、グループ展を開催。

gallery feel art zero にて―

<個展>

2006  「どこかへの入り口」

2008  「時空世界」

2010  「指と指のあいだでおこること」 

<企画展> 

2012  「UTSUWA - うつわについて」

大室 桃生 MOMOO OMURO

東京に生まれる    1992年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学部金工科を卒業し、伝統工芸金工作家工房勤務。その後ガラス(パートドヴェール)に素材にかえて、主に個展にて作品を発表、器、照明など独自の世界を展開。

The born-in-Tokyo artist graduated from Musashino Art University (studied craft design, especially metal work). After working at an atelier of traditional craftsworkers and metalsmiths, she switched to working with glass and started crafting using a technique called Pâte de verre (Paste of Glass Technique). Since that time, she has continuously held solo exhibitions to promote her unique works, including vessels and lights.

辻和美 Kazumi Tsuji

カリフォルニア美術大学卒業後、1999年にガラス工房「factory zoomer」を設立。ガラス器の新しいスタンダードを目指し、デザイン・制作を行う。一方、美術家として日常生活における歪みや危うさを表現。既成のジャンルにこだわらない独自のスタイルで国内外で作品を展示発表。

2005年 直営店並びにギャラリー「factory zoomer/shop」をオープン。

2008年『Daily Life —辻和美作品集』上梓。

2009年 金沢市文化活動賞。

2010年~ 現在、生活工芸プロジェクトディレクター。

2012年~ 金沢広坂に「生活工A芸shoplaboモノトヒト」の総合ディレクターを務める。