461-0004 愛知県名古屋市東区葵2-3-4

2-3-4 Aoi, Higashi-ku, Nagoya, Aichi 461-0004 Japan

 

Tel : 052 932 2090  Fax : 052 932 2091 

© 2018 by NAO MASAKI and Associates

vol.69

光島和子 Kazuko Mitsushima

the glass jewelry and art

2014.4.19-5.4

意思をもったように流れだすガラスの、その一瞬のうごきの美しさを

光島和子は、小さなジュエリーのカタチの中にとどめています。

 

その選択は、いつも潔く、モダンでシンプル。

小さなガラスのオブジェたちはみずみずしく、

身に纏うとき、はっとするような輝きをはなちます。

 

昨年、他界されたAさん。

その人生を、凛々しく美しく生き抜いた女性でした。

Aさんは、お目にかかるときいつも、彼女にとてもふさわしい光島さんのリングを指につけていました。

その作品の持つ力とイコールだったかつての主。

 

作品の力は、いつも身に纏う人にエネルギーを与えてくれる。きっと彼女もそう感じていたように思うのです。

そして今、その指輪はわたしのもとにあります。

 

透明の美しいひかりの礫は、いのちのもつ流れそのものの美しさかもしれない…

美しい生き物の様なガラスのジュエリーは

飾られること以上に、凛々しく生きることの大切さを感じさせてくれます。

 

ガラスの意思をかたちにした、小さく、けれども美しく強い作品たち。

手にとり、身に纏い、感じていただければ幸いです。

正木なお

 

光島和子 Kazuko Mitsushima

彫金を学んだ後、シアトルのピルチャックガラススクールなど各地で吹きガラス制作技術を磨き独自のスタイルを確立。

国際ジュエリー展や日本クラフト展などで受賞。コレクションは海外の美術館にも収められている。

国内外で発表を続け3 0 年を経た現在も、独自の感性を高い技術力と表現力で追求し続け、常に第一線で活躍する。

< 近年の主な展覧会>

1995 コンテンポラリージュウリー展 国立近代美術館・東京

1996 デザインコンペティション' 9 6 海南奨励賞

1998 “Jewelry Moves” スコットランド国立美術館・エディンバラ / New Glass Review 19 コーニングガラス美術館・ニューヨーク

2000 “ SELECTION2000 ” エッセンデザインセンター・ドイツ

2001 “ Contemporary Japanese Jewelry” Crafts Council・ロンドン

2007 “ジュエリーの今・変貌のオブジェ” 国立近代美術館・東京

2008 “Glass Wear” Schmuck Museum・ドイツ 

2009 “Glass Wear” Museum of Arts & Design・ニューヨーク 他

 

< 主な収蔵先> スコットランド国立美術館・エディンバラ 他

 

gallery feel art zero (現Gallery NAO MASAKI)にて

< 個展>

2011「in & on」