ルーシー・リー  Lucie Rie(1902 - 1995)

​陶芸家 potter

1902年、オーストリア、ウィーン生まれ。陶芸家。20世紀後期のイギリスを中心に活動。本名はルツィエ・ゴンペルツ (Luzie Gomperz)。白いエプロン、白い服、白いスニーカーで作品をつくり続けたことでも知られ、また、もともとは生活を支えるために始めた、オートクチュールの洋服に合わせたボタンづくりが後の釉薬のバリエーションに繋がったことでも有名。彼女の作品は、年代によってイメージが変わっており、搔き落としなど伝統的な手法も取り入れながら、緻密な成分計量に基づいて、独特の繊細かつ優美な作品を生み出した。

1902 ユダヤ系の医師の娘としてウィーンに生まれる。

1922〜1926 ウィーン工業美術学校でミヒャエル・ポヴォルニー (Michael Powolny) に陶芸を学ぶ。

1937 パリ万国博覧会で銀メダルを獲る。

1938 ナチス・ドイツによるオーストリア併合後、イギリスに移住。

1939 ロンドンの一角にあるアルビオン・ミューズに移る。

1946 ハンス・コパー(en、1920- 1981年)が工房に参加。

1951 ロンドンのバークレー・ギャラリー (Berkeley Gallery) でハンス・コパーと共同展。

1960 キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツで教鞭を執る(1972年まで)。

1964 東京の国際陶芸展に参加。

1969 ロンドンの王立芸術学院より名誉博士号を授与される。

1972 ハンブルク美術工芸博物館(de)で『Lucie Rie - Hans Coper Keramik』展。

1981 CBEを受勲。

1989 草月会館と大阪市立東洋陶磁美術館で個展。

1990 脳梗塞で倒れ、以降、陶芸を続けることが不可能となる。

1991 大英帝国二等勲爵士の称号を贈られる。

1994 メトロポリタン美術館でハンス・コパーとの共同展。

1995 脳梗塞により、ロンドンにて93歳で他界。