植松永次 Eiji Uematsu (1949-)

陶芸 Ceramic

1949 神戸市に生まれる。

1972 平面での仕事から自然の材質に惹かれ土に触れる。そして土の質を確かめる事が土での仕事の始まりとなる。

1975 東京より信楽に入り、工場勤務の傍ら土を感じ自らの制作を続ける。

1981 グループ展で発表。

1982 伊賀市丸柱に住居と仕事場を移し土と火の痕跡が形となってくる。

1986 初個展以後全国で個展、グループ展に参加、そして生活の中で器も生まれる。

2018 Frieze New York 2018

 Gallery NAO MASAKIにて

〈個展〉

2014「土から」

2018「庭の星」