top of page

【VAGUE SUMMER SHOW「AWAHI」開催のご案内@VAGUE ALRES】


 フランス、アルルにある、TERUHIRO YANAGIHARA STUDIOが主宰するアートスペース VAGUE ARLESにて、今週末7月1日(土)よりGallery NAO MASAKIによる展覧会「AWAHI」を開催します。日本語である「あわひ」を手がかりに、具体美術運動のメンバーでもあった堀尾貞治などの現代美術家と、縄文土器などの対話を通じて、時代を超えて「日本人の感性」と言えるものを探求します。

また同時期に柳原照弘スタジオキュレーションによる工芸や食のイベントも開催しています。

夏の美しいアルルへのお越しをお待ちしております。

「AWAHI」

【会期】2023.7.1(土) - 9.9(日)

【時間】13:00 - 18:00

【場所】VAGUE Alres

    14 Rue de Grille, Arles     13200 France

【出品作家】

 堀尾貞治 Sadaharu Horio

 中西洋人 Hiroto Nakanishi

 内田鋼一 Kouichi Uchida

 ハシグチリンタロウ Litalow Hashiguchi

 植松永次 Eiji Uematsu

 安藤雅信 Masanobu Ando

 東亨 Ryo Azuma

Opening party

 7月1日(土) 13:00 - 18:00

【詳細はこちら】


あわひ_見えるもの、見えないもの、

ふと、人間の営みとこの地球全体の「あわひ」のことを考える。

日本語の「あわひ」とは「間」とも訳されるが、両者とかさなりあう境界線のあいまいななんとも幽玄の世界の言葉である。

大きな単位での流れを考えると我々が今生きる現代、時代という言葉さえ、なんと僅かなものだろうか。しかし、人が爪痕をたてた営みの中に残された痕跡は、広大な宇宙全体の中の架け橋となってくれるであろう。光と影が反映するこの世界の中で、個人が創造した事物に光を当てる時、そこにはやはり影が存在する。それは作者の意識や感覚、過ぎ去ってしまった時間や生命そういったみえないものである。すべてが過ぎ去ってしまったあと、最も尊いものは形なきものである、といえるであろう。「あわひ」とはそういうなんとも不可視な領域を含みこんだ視点なのだと思う。

Gallery NAO MASAKI

正木なお





閲覧数:39回0件のコメント
bottom of page